理想の自分を生きれなくて辛い!そんな時は自分の固定観念を見直す

がっかり

今日も自分の気づきについて書きます。

無意識に自分が自分自身に設定してる事が、とても苦しかった事に気づきました。

理想の自分に近づけなくて苦しかったこと。

でも、理想の自分とは?

「理想の自分」に込められた自分の設定とは?

自分の中にあった理想の自分の設定

自己分析

フリーランスになってからというもの、毎日が地味になりました。

  • 自分自身と向き合うために選んだゆっくりした生活
  • 家で仕事
  • 基本外に出ない

フリーランス生活を選び、生活は豊かになったのに、心は無意識に過去の自分と比べていました。

  • もっと大胆に生きてたよね?
  • どんどん外に出て活動してたよね?

こんな風に過去の自分と今の自分を比べていました。

でも、

ふと今日は思ったのです。

理想の自分とは何だろうか?

理想に近づきたくてフリーランスになったのに、何がモヤモヤしているのだろうか?

そこで、ちょっと自分のモヤモヤを見てみました。


理想の自分とは?

輝いている事

輝いているとは?

派手に活動をしている、行動が大胆である

↓つまり

理想の自分とは派手(目立ったり)・行動が大胆であること・・・。


理想の自分とは「派手に活動をしている」という方程式が自分の中にありました。

それ・・・

辛い!

辛い!!

辛い!!!(笑)

理想の自分とは派手に活動をしているという方程式が自分の中にあれば、

派手に行動をしていない今の生活がダメだ感じるのは当たり前。

世間で目立つ事、派手に活動すること、実績を残すこと、こういうのが輝いているということ

こういうのが理想の自分、そう思ってたら辛い。

輝いているという事が必ずしも目立つ活動しているという事じゃないし

理想の自分は必ずしも輝いてる事とヒモ付なくてもいい

じゃあどうしたい?

↑本当にこれ。

理想の自分とは?

再度自分に問いてみた。

理想の自分とは=ありのままの自分であること

理想の自分とはありのままの自分であること

自分で自分を苦しめていた変な設定をやめたら、

今地味な生活をしている自分を許せるような感覚になりました。

今目指している事は昔に比べたら行動は地味。

でも、今やりたい事は人と関わらないで淡々と自分の世界をクリエーションしていくこと。

それが今の自分。

今ありのままの自分でいられているのであれば、私は今理想の自分を生きている事になる。

現実を変えなくても私は私の中にある変な方程式を変えた。

考え方を変えた。

そしたら楽になった。

現実を一生懸命変えるより、今すぐ現実が変わる方法は自分のあり方の設定を見直すこと。

自分の作った固定観念に苦しんでいませんか?

2016.12.27

という感覚が今日ふとおりてきました。

地味な生活でも良い♪

なんでも良い♪

そんな自分にOK出せたら世界はとっても明るい^^

今日はそんな気づきでした。

Be Happy!

自己否定もうやめない?何やってもできない自分でOKだよ

2017.03.15

あわせて読みたい



コメントを残す