自己分析

世界は君の輝きを待ってる

今日は大切な友達とずっと語り合い、あるメッセージをもらった。

「舞ちゃんの能力をしばっているのは実は舞ちゃんなんだね」って。

腑に落ちた、ストンって。

自分と向き合うって簡単な事じゃない、見たくない自分を直視しないと先に進めない。

自分の思考や感情の裏または背景に隠された本当の自分の気持ち。ここを見るのが怖くて、プライドが邪魔して、それが少しずつ何年も続けていると、フタをしてしまった本心にたどり着くまで時間がかかる。

人によっては数か月、数年かかると思っている。そのフタをしてきた年数が多いほど。

私は恋愛の他にもっと深い所で自分にフタをしたきっかけがある。

高校選び。

フルートの特待生として青森山田高校に当時入ったけど、本当は進学校に行く予定だった。青森山田は全国的に有名だけど、私の親世代からすると評価が低い。
結局進学校を選ばないで青森山田を選んだ私は高校生活ずっと両親と分かり合えなかった。

自分の娘が青森山田なんて。自分の娘がその高校へ進んだ事、恥ずかしくて言えないというスタンスの親だった。

なんで世間体を気にして私を応援してくれないのか、分かり合えないまま。

結局「娘さん、あの高校なんですかー凄いですね!」と親戚にも世間にも自慢できないから?

家にいたくない高校生活だった。毎日喧嘩。

それでも、心の底では両親が大好きだから、認めてもらいたいから、子供は純粋に親が好きなんだ。

無意識に親に認めてもらえる行動を取るんだ。大学を卒業して就職する。ここから始まった、自分の道を選んでるようで心の奥深い所では「見返すため」にこれを糧に努力をする。そうしたらやっと納得してくれるかな。自慢の娘になれるのかな。

人間皆が持っている純粋な心は何かがきっかけとなり変化して、自分の心を守るために本当の気持ちにフタをし続けて強くなる。

(結局、そのお蔭で沢山強くなり今があるから全てに感謝なのだけど。)

高校から始まった学歴コンプレックス、それを補うために他人に基準を合わせて生きる。もう何年たってるかな?

自己分析してもたどり着けない、心の奥底にある闇。

将来何したいかわからない、やりたい事がわからない、自分の才能がわからない。

それは隠し通したいもう一人の自分がいる。

だから、一か月休んだ所でたどり着けなくていいし、私は今年に入ってから今だにまだ見えてこない。もう8か月もたっているよ。毎日時間はたっぷりあるのに、劇的にわかった!!なんてことはない。

でも諦めよう。(いつまでかかるか先が見えない不安を抱えてるより、諦めた方が気が楽だし。)

こうやって少しずつ、本当の自分の気持ちがわかってくる。何に不安を抱いていたのか。怖かったのか。認めたくなかったのか。

もし1年かかったら、1年休む必要があったんだ。

人によっては何年もかかる人もいるし、それは何年も休む必要があったんだ。

そうやって、徐々に本当にしたかった何かが見えてきたらOKを自分に出すだけ。それでもOKを出せない自分がいたら、その気持ちの裏にあるものを考えてみる。

嫌われるかな?やっぱり認めてくれないかな?怒られるかな?

全て不安からくるもの。

でも、その他人(親も含む)からどう思われるかに勝ち、自分にOKを出せたら、きっと自分が輝きだす気がする。自分の才能を縛ってるのは他人のせいではなくて、自分。自分にOKを出せていない。

最近私は色々自分にOKを出せるようになった。もっと自由に生きたい。会社辞めてもいいし、無職になってもいい。もっともっと自由になりたい。(でも・・・)←この「でも」を手放した。本当に今全部手放した。けど、まだ自分でも気が付かない何か心の奥底にあるのかも。

それをゆっくり見つけて行こう。

私はここ数日、引きこもってアニメばっかり見てるんだけど、それも自分にOKを出す。

ハンターハンターはもう全部見終わってるけど、最近また繰り返し見続けている。そうすると、オープニングテーマが頭から離れなくて、エンドレスで頭の中に流れてくる。

今まで気にしたことがなかったけど、このオープニングテーマの歌詞、凄い事言ってる。

*****
大地を踏みしめて君は目覚めていく
闇を抜けて
未来はいつも僕たちを待ってる
*****

納得するまで休めばいいし、何年かかってもいい。他人から見たらヒドイ生活になってもいい、ただ自分に沢山OKを出せるようになって本当の自分を出したら輝き始めると思うし、絶対世界はそんな人たちを待ってる。

一人ひとりが自分の価値観を選んで自分の価値観で生きていく。

皆一人ひとりが持ってる才能を出していったら、楽しい世界だろうな~♪

ってね~思った日だった。

アートを販売/講師を目指す方を応援するクラス

アルコールインクアートを販売したい方、ワークショップを開催するため講師を目指す方のためのオンラインコースをリリースしました。

これから始める方から販売・講師を目指すまで全てをカバーし必要な情報は全てこちらに揃っています。

 

あわせて読みたい



POSTED COMMENT

  1. KOTARO より:

    見返すために、何かをするのって、とてもネガティブなものが原動力になってしまっている。あれしたい、これしたいは、良い暮らしをしたいでも、世の中に貢献したいでも良いから、ポジティブな事が原動力になるといいですね。そういう人たちに、囲まれていたほうが、絶対楽しいですから。ありのままの自分を認めたい。

    • Narui Mai より:

      コメントありがとうございます!「見返すため」の原動力と希望から始まる原動力の違いを身を持って体験した感じがします。

コメントを残す