ワクワクする好きな事を仕事にしたはずなのに面倒くさくなるのは?

ワクワクする仕事 面倒くさい

楽しいこと、ワクワクして生きたい!

そう決めたにも関わらず、新しい事に挑戦したら面倒くさい事が結構あり、結局欲しい結果がすぐ得られない時期が続きました。

停滞期にしかわからない気づきがあったので、本日はワクワクする又は好きな事を仕事にしたいけど、面倒くさくて行動できなかったり、結局ワクワクとは何だったのか悩んでいる人向けに書きます。

ワクワクすることがわからない!そんな時でも自分を責めない

自己分析

私はここ数年、人生の転機を迎えています。

誰からの評価も気にせず、心からやってみたい事をする、ワクワクして生きたい!そんな生き方を選びました。

人生の転機は自分で作れる|前兆をキャッチし直感に従う旅に出た

2018.03.15

会社員を卒業し、ワクワクすることをして生きようと決めてフリーランスになったのに、結構仕事が面倒くさかったり、やらなきゃいけない地味な作業も多く、「あれ?ワクワクする仕事を選んだはずなのに」と答えが見つからない日々がかなりありました。

仕事もしないで、ひたすら自分自身が何をしたいのか、自分に問う時間です。

無職の私がバイトに落ちた理由ピンチはチャンス!は本当だった

2018.06.04

やりたい事だったり、好きな事は何だろうと探していると、私の場合は自然と過去の記憶と向き合う時間ができ、過去の癒えていない傷を自分自身で癒すことになりました。

その時あることに気づいたんです。

社会人になる前、何も利益などを考えない、ただ「今」という時間を生きてきた学生時代。

純粋に「あれやってみたい、あれが欲しい!」そんな想いが湧き上がったら素直に行動していたこと。

例えば、私の場合ですが、来年は絶対吹奏楽の大会で金賞を取りたい!←これが純粋なワクワクする事でした。

そのワクワクする気持ちを大切に、ひたすら上手く吹けるように練習をしてきました。

1年後、本当に金賞を取った時、とても嬉しかったのを覚えています。

その1年間、思い返すと本当に地味な作業の繰り返しだった。朝眠いのを我慢して朝練に行ったり、帰宅部を見ては「いいなー」と感じる事もありました。

結果論だけで言うと、「金賞を取りたい」というワクワクする気持ちに従って生きたら本当にそれが現実になった。

しかし、そこに焦点をあてず、途中経過のみに視点を合わせてみると、

「日々ひたすら目標に向かって行動していた」ということになります。その行動している最中は地味な作業の繰り返しで、そこだけ見るとワクワクしていないようにも感じます(笑)

スポンサーリンク

ワクワクする事の捉え方

今はネットから様々な人の情報を取り入れる事が可能です。

本来、「ワクワクする事」とはどういう意味で他人は使っているでしょうか?

私の場合、参考になる方のブログや本を読んで、様々な背景を理解しないまま、自分の都合の良いように「ワクワクする事」の意味を解釈していました。

「ワクワクをする事」=「努力しないで楽しいこと」

都合の良いようにワクワクの定義づけをして、その通りになっていない自分を責める、ワクワクする道を選んだはずなのに、面倒くさくて行動するのも嫌。

そりゃそうだ(笑)

人によってワクワクするという言葉の捉え方は違うのですよね。

だから勝手に外からの影響を受けて、外からの情報を真実だと思い込み、それに沿って生きてない自分がおかしいと思っている自分がおかしい(笑)

外からの情報を真実にしなくても、過去に自分の経験を通して体感していたことを思い出しました。

ワクワクする事は努力をしないで楽しい事をするだけではない。

心から「やってみたい!」と湧き上がった気持ち、それが現実になるまで簡単じゃないかもしれない。

でも、その気持ちに従って行動し現実になった時、その途中過程が面倒だったり地味な作業ですらワクワクすることの一部になります。

今フリーランスになり、自由な時間を手に入れたけど仕事は地味にやる作業が多いです。

地味~な毎日の繰り返しで、あれ??今楽しいかな??と何度も思った事がありました。

その時に、そもそもワクワクの設定がおかしい事に気づきました。

目指す目標があって、今それに向かって地味な仕事をコツコツこなしています。そうであれば、今この瞬間ですら、面倒くさい事でもワクワクの一部であると思い直したのです。

ワクワクすること、好きな事を仕事にしたはずなのに、想像と違う!

そう思っている方は、そもそも自分の中に設定している「ワクワク」とはどういう意味づけをしているのか、設定の見直しをしてみると面白いですよ。

私は「努力しないで楽しいことだけがワクワク」だと勝手に都合の良いように捉えていました。でも、今は、やりたい!こうなりたい!湧き上がった感情に対して、それが現実化するまでのプロセスですらワクワクの一部だと考えています。

そのため、地味な毎日が今まさにワクワクの中にいると思えるようになりました。

以上、ワクワクに関する気づきのシェアです。

努力してる今も皆ワクワクしている中にいるんですよ~^^

本日も皆様にとって最高の一日になりますように♪

あわせて読みたい



コメントを残す