メイバンクオンラインバンキングから海外へ送金する方法

こんにちは、マレーシアの鳴井舞です。

本日はMaybank(メイバンク)のオンラインバンキングから海外の銀行口座へ送金する手順を書きます。日本の口座からクレジットカードの引きおろしがある、海外の銀行口座が凍結しないためにお金の動きがないといけない、など様々な目的があると思います。

該当する方は是非参考にしてください♪

手順は4ステップ。実際の画面に従って説明していきます!

事前準備
送金先の口座情報(特にSWIFT CodeまたはFED WIREコードどちらか)
オンラインバンキングに登録してある自分の電話(SMまたはTACコードを受け取るため)

海外送金ステップ1

まずはオンラインバンキングへログインします。
(ログイン方法はこちらをご参照ください↓)

マレーシアメイバンクのオンラインバンキング設定方法

2016.06.07
oversea-bank-transfer-1

いつも通りログインしたら、Accounts & BankingのTransfersをクリックしさらにForeign telegraphic transferへ進みます。

oversea-bank-transfer-2

↑の画面に変わります。ここから4つのステップがあります。まずステップ1は送金先の国を選びます。

海外へ送れる金額は最低RM250から最高RM30,000まで(個人の場合)法人の場合は最高RM49,999まで。送金手数料はRM10+RM0.60(GST税)がかかります。しかし「一日」に送金できる最高額はRM10,000です。(キャッシュの場合はRM1,000)それ以上の金額をマレーシアから海外へ送金する場合は、審査があります。

海外送金ステップ2

送金の詳細を記入します。

oversea-bank-transfer-3

送金額、送金主の情報(住所や電話番号など)を記入しましょう。

oversea-bank-transfer-4

↑受取人の情報を指示に従って記入していきます。

アメリカに送金する場合、FED WIRE番号というものを記入する必要があります。メイバンクから他の国へ送金する場合は必要ないかもしれません。それこそSWIFT Codeで大丈夫だと思います。Fed Wireはアメリカ国内で利用される銀行コードで9桁の数字で構成されているようです。詳しくFed Wireについて知りたい方はABA NumberまたはFed Wireでググってみてください。

海外送金ステップ3

ステップ3は確認画面です。入力に間違えがない場合はTACコードを入力しContinueを押してください。TACコードは携帯にメッセージで届き有効時間は5分ほどなのでご注意ください。

海外送金ステップ4

oversea-bank-transfer-5

ステップ4は↑の確認画面です。送金が受理された場合は上記画面のようにAcceptedと表記されます。

以上で手続きは終了です!お疲れ様でした!!

注意点は一度送金手続きをするとキャンセルはできないということ、もし送金がうまく行われなかったとしても(口座番号のミス・受取人側のミスなど)手数料のRM10は戻ってこないようです。

今回私が海外送金した国はアメリカです。だいたい3-4日でアメリカの口座で入金確認がとれています。(過去に2回ほどしていますが遅くても1週間ほどで入金確認がとれます。)

最新補足
2017年以降、手続き画面が上記画面と少々異なっています。基本操作は変わっていません。

手続きがうまくいきますように。本日メイバンクオンラインでの海外送金手続きについてでした!

本日も目を通していただきありがとうございます!皆様にとって今日も最高な一日になりますように。

あわせて読みたい



3 件のコメント

  • メイバンクからの海外への送金方法とてもわかりやすいですね。参考にさせて頂きます。

  • あらかじめ、Maybankが想定している送金先銀行リストに該当する銀行でなければ、オンラインでは送金できないようになってると思いますが、やはり銀行へ赴いて手続きしないといけなようですね。

  • コメントを残す