マレーシア確定申告は1月から手続きが可能!具体的な手続き工程

マレーシア確定申告

こんにちは、鳴井舞です。

マレーシアは確定申告の時期ですかね。2017年分は2018年4月30日までに申告が必要ですよー!

この度、ブログ読者様よりコメントを頂きまして確定申告・タックスクリアランス処理が必要な方は是非読んでいただきたいと思います。

確定申告やら帰国処理(ビザキャンセルやらタックスクリアランスやら)は面倒だし、一人でやっていると不安になるんですよね。

あれ、大丈夫かな、合ってるかな、ちゃんと帰国できるかな・・・とか。

私は毎日弱音をはいていたし不安だったので、今まさにそういう作業されている方から連絡くると「あー!気持ちわかりますー!」と声を大にして言いたくなります。

タイムリー今手続きを終えた方よりコメントを頂きましたのでココでシェアさせて頂きます!自分が経験した事を他人のブログに残してくれる方って本当に素敵!その経験が今後困ってる方の参考になりますからね。

問い合わせからメッセージをくれたりコメントを残してくださる読者様に本当感謝です♪皆様、いつもどうもありがとうございます。

確定申告とタックスクリアランスを同じタイミングでした経験からのアドバイス

では読者様のコメントはこちらの記事一番下にあるのですが↓

マレーシア確定申告は自分で!税務署でPINナンバーを取得する方法

2016.04.11

コメントのみこちらでシェアしますね。


読者G様より

いつもブログを見させていただいております。今回私マレーシアを離れることになりましたので、いつものようにブログを参考にさせていただきました。

PINの取得から申告画面まで本当に役に立ちました。ありがとうございます。

このブログがなければ私はどうしていたのだろうかと怖くなるほどです。

本日タックスクリアランスしてきましたので、

記憶の新しいうちに情報を勝手に共有させていただきたくコメントします。
narui様のブログはみなさんたよりにされているはずなので。。。
私は2017年3月から2018年3月末までマレーシアで働きました。
ですのでクリアランスと確定申告を同時にすることになったのです。
ちなみに私の出国日は3月26日です。

会社からクリアランスに使うCP21フォームをもらったのが3月9日でした。
私はTAXナンバーを持っていないと聞いたのでTAXナンバーを取得するため、
LHDNのHPのサイトからE-FOLDERへ登録しました。(後刻会社からの書類をよく見ると、TAXナンバー会社が登録してました。)
3日でナンバーが届く登録アドレスに来ました。(3月14日)
3月15日にナンバーを持ってLHDNの大き目のオフィスに行き、PINナンバーを当日に取得。
その場で昨年の確定申告をしました。
確定申告をしたあとに受付にタックスクリアランスをしたいというと
違うオフィスに行かなければいけないということだったので、同日移動。

移動先のオフィスでタックスクリアランスをお願いしました。

書類が完璧であれば完了していましたが、
私はここで終わることができませんでした。

2017年3月~2018年3月末までの間の12月31日~2月3日まで日本へ出張していたため、居住者扱いにならなかったのです。(国外ステイは14日以内にしなければいけない。私の場合30日+旅行10日)

LHDNの担当者様から、会社から出張に行くように指示されたときの証明が必要だといわれました。(形式は問わない)

3月19日会社で書類が用意できたので、再度提出にむかい無事に終了しました。
控えに証明のスタンプを押印してくれたので、出国の空港でもしものときはこれを見せようとおもいます。

14日後にLHDNから会社宛と自分宛に手紙が届くのですが、そのころ私はもうマレーシアにいないので、メールアドレスに送ってくれるそうです。

出国までにタックスクリアランスができないのではないかと夜も眠れない思いでしたが、
無事に受付完了したので一安心です。
私が今回学んだのは、確定申告とタックスクリアランスを同時にするタイミングのひとは、TAXナンバーの確認、PINナンバーの取得についてはビザキャンやEPFとは関係ないので先に終わらせる。
タックスクリアランスのオフィスを先に確認することが大切だなと思いました。
誰かのお役に立つことがあるのではないかと思い、この場をお借りします。
ありがとうございます。


スポンサーリンク

この一連作業をこなしたG様が素晴らしいです。

内容は↓

  • マレーシア滞在期間は1年
  • 2017年分の確定申告とマレーシアを去るためのタックスクリアランス作業を一緒にする事になった

実際に手続きをしてみてわかったことは↓

  • 1年滞在しても、その間にマレーシア国外へ14日以上出ていた場合は居住者扱いにならない

(↑知らなかった・・・G様ありがとうございます。)仕事の都合でマレーシア国外に出ていた場合は会社から証明書を出してもらう。(形式は問わないということですので、私も税務署から会社の証明書を出すように別の場面で言われた事がありまして、その時はワードなどでヘッダーまたはフッダーに会社のロゴが入ってるテンプレートに担当者のサインが入ってる簡易的なもので通りました。ご参考までに。)

  • 帰国(または他の国へ行くためにマレーシアを去る)のためにタックスクリアランスをする場合は、先に確定申告手続きを済ませておくと便利

そうなんですよね、確定申告に必要な手続きは必ずしも同じタイミングでする必要はなくて、2017年分は2018年1月から手続きが可能なので、TAX番号とPINナンバーの取得そしてタックスクリアランスオフィスの確認は事前に対応しておくと安心です。

タックスクリアランスオフィスとは?

クアラルンプール市内には税務署(LHDN)が数カ所あります。どの支局でも対応してくれるというわけではなくて、割り振られたTAX番号によって対応してくれる支局が決まっているのです。

まず自分の家から一番近い税務署を訪ねて、自分のTAX番号を見せれば「君は〇〇支局で対応することになってるよ」と教えてくれます。

確定申告処理は前もって準備できる所から

帰国またはマレーシアを去ることになった場合、必要な手続きはVISAキャンセル、確定申告をしたお金をいつ受け取れるのかの確認、そしてタックスクリアランス。

確定申告は毎年1月から申請手続きができるのでTAX番号とPINナンバーさえあれば早めに対応することをオススメします。

まとめ

確定申告は4月30日までですが、余裕を持って申請することをオススメします。

確定申告と帰国またはマレーシアを去るための手続きに伴うタックスクリアランスを同時に行う場合も確定申告は先に済ませておきましょう。

VISAキャンセルやタックスクリアランスに関する参考外部ブログはこちらから↓

帰国する時の納税処理(タックス・クリアランス)

確定申告手続きの手順を始めからするにはこちらから↓

マレーシア確定申告は自分で!税務署でPINナンバーを取得する方法

2016.04.11

タックスクリアランスに伴う税金の支払い方法はこちらから↓(例えば、タックスクリアランス処理をして追加で払わなければいけない税金がある場合。わざわざ税務署に行かなくてもオンラインバンキングから支払うことが可能、むしろオンラインバンキングの方が振り込みした証拠を記録できるので便利!)

メイバンクオンラインでLHDNマレーシア税金を支払う方法

2017.01.18

以上、確定申告についてでした!G様、貴重な体験談のシェアありがとうございました!

そしていつもブログに目を通していただきありがとうございます。

今日も皆様にとって最高の一日になりますように!

あわせて読みたい



2 件のコメント

  • 確定申告のお話ありがとうございます。参考にチャレンジしてみたいと思います。ブログも面白いですね。また見に来ます。

    • コメントありがとうございます!ブログの他記事にも目を通していただけ嬉しいです。ありがとうございます。

      確定申告、うまくいきますように!

  • コメントを残す