私が好きな言葉

なんとなくだけど、「運命が大きく動き出した」って響きが好きです。

今日も良き一日を♪

あわせて読みたい



6 件のコメント

  • 固執していたものを手放したら、未来が開けたっとことかな♪

    • コメントありがとうございます!なんかこう現実的に何か変わったわけではないのですが、情報もモノも色々な感情も徐々に手放してきたら何かが動き出した気がしたんです。また記事書けたらなと思っています。

  • 突然の投稿すみません。私は現在、九州の市役所で働いている男です。鳴井さんが、今私が目指している「自分らしさを大切に生きている人」というイメージに一番近い方なのでお話を聞いてみたいです。現在海外転職を考えています。理由は①諦めていた語学を生かした仕事をしたいから②役所では1年間の海外派遣の募集はあるものの継続して語学に関わる部署に就くことができる保証はないから③役所で働いている人たちが全てではないにしても根本のところで逃げの姿勢でいる人が多いからというものがあります。今のところ英語に関しては日常会話が頑張ればできるレベルです。語学の王道はその言葉を話している人に会うこと/場所に行くことだと考えています。そこで今のところ何のスキルも無い自分が海外への足掛かりを得るためにはまず日本人向けのコールセンタースタッフとして働いてみるという選択肢を考えています。社内公用語が英語なので社内でも英語のスキルアップのための研修があるくらいです。現在の職場でも待機児童を抱えた親御さんからのお叱りのお電話を頂きますし、窓口で怒鳴られてきました。コールセンター業務はその延長だと考えています。しかし考え方を変えるとお金をもらいながら英語を勉強させてもらえる環境だと思っています。日々の生活に直結するので、学習への取り組み方も日本にいるのとでは段違いだと思います。その点マレーシアでは現にその求人があり、かつマレー人・華僑・印僑の皆さんが共存しているので、多言語に触れるチャンスもかなり広がってくると思います。そうした多様性を受け入れられる土壌が存在することがとても魅力的に見えるので今はマレーシアで働きたいと考えています。しかし父に話すと当然に反対をされました。リスクがあまりにも高い、今の安定を捨ててまでやらなければいけないことではない。休職して青年海外協力隊に行くなりなんなりしてからでも遅くはないのではないかとのことでした。しかし私がこれまでお会いした尊敬できる人からの言葉や、自分らしく生きている人が書いた本を読むと「人生はやるかやらないか」「他者への感謝の気持ちを持って日々を熱中して生きろ」ということを教えてくれます。周囲の意見を聞き過ぎて現実的な進路を考えた結果、今の私は生活の面ではとても安定していますが、精神面ではいつ来るともしれない親御さんからのお叱りの声に怯えているような状況です。人事に言って職場を変えてもらえとも言われましたがそうやって逃げ続けた先にどういう人生が待っているかはだいたい予測がつきます。仕事は楽しいものではないことが多いのはどの業界でも同じことですが、やりたいことが先に見えている人は辛くても辛い中に楽しさを見出して日々を熱中して生きる努力をしていると思います。そしてそういう生き方をした方は自分の人生に後悔がないと思います。これまではそういうふうな夢を持って頑張っている人を私は見下してきました。なぜ現実的に生きようとしないのかと。夢を諦めれば安全に生活ができると思っていたからです。でも現実にそうはなりませんでした。決めつけるのはまだ早いという迷いがないわけではありませんが、早ければ早いほうがいいという思いもあります。25歳にもなってこのような相談をすること自体が恥ずかしく、情けないと思いますが、社会人3年目というのは今の時代では一つの節目ですし、夢を諦めていい歳でもないと思っています。もし鳴井さんからご回答を頂けたとしてもそれが全てではないことも承知しています。しかし、聞いてみたいと思ったのでコメントをさせて頂きました。鳴井さんのご経験から何かアドバイスを頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。

    • こうすけさん、コメントありがとうございます。

      まずは今の本当の気持ちを書いてくれたこと、ありがとうございます。
      こうすけさんがおっしゃる通り、誰かの回答が全てではないし、最終的に決断するのは本人なので、ただただ私の意見を書かせて頂きますね。

      本当は本当は・・・
      直視したくない自分の気持ちを無視して、フタをしてた時がありました。私の親は公務員だったので、どこか自分もしっかりした所で働いて喜んで安心してもらいたかった。大好きだから。色んな理由を取り払って、単純に親が大好きだから。不安にさせたくないから。
      このまま大手にいたら安心だから。世間にも認めてもらえる気がしたから。
      私が安定を選んだ理由、奥底に眠っていた本当の感情は「ただ認めてもらいたい」だったんですよ。

      じゃあ、認めてもらう方法はいくらでもあるって思って。
      頭で「こうした方がいい」「こうしたら大丈夫」とか一生懸命考えて、本当の自分の気持ちを隠そうと理由を思い浮かべて。
      でも、心は素直で。

      「もうそこじゃないよ」って心は気づいていて。だから悶々として。

      社会的な損得で自分の人生を選ぶのではなくて「自分の心」に従って選んだら想像もしない未来でした。(私の場合)

      海外に行って日本の安定した環境じゃない場所なので、最初は日本とマレーシアを比較して、何で私はこんなことしたんだろう、何でこんな場所を選んだんだろうって悩んだ時もありましたが、結局そこにいたから、現在の仕事に繋がって。(←ここが想像していなかった所)

      というのが私のケースなんですけど。

      こうすけさんの文章を拝見すると、海外に行くかどうかというより、「次自分の進む道」をどうしようか考えてるのかなと思いました。きっと、こうすけさんの心の中では挑戦してみたいことが決まっているけど、今まで培った常識とか他人の意見とか色々な思考が悩ませてるのかなーって思ったりして。(私だったらそうだなというだけですが)

      海外に行くかどうかのアドバイスをできるほどの人間ではないので、今日はアドバイスというよりは友達として、ただただ私の書きたいことを書かせてくださいね(笑)

      相手を説得するために行動するんじゃなくて、両親に安心してもらうために働くのではなくて、自分の本音を選んだから、自分でも想像できない未来がきました。今では私の両親もビックリするくらい安心しています。そういう道もあるんだねってビックリしています。

      こうすけさんが30歳とか40歳になる時とかどうなってるのかな〜、一歩踏み出して、海外での縁が沢山できて、世界的なビジネスマンなのかな〜、とか未来を想像すると楽しいですね^^想像できない未来へ進むから想像できない結果が来るんだなって。なんとなく今の私はそう思います。

      こうすけさんの将来が楽しみですね〜^^

      • お忙しい中でお返事を頂けましたこと、本当にありがとうございます。「自分の心に従う」というのは鳴井さんとしてもとても勇気が要ったのではないかと推察します。自分の気持ちに嘘をつかずに一歩を踏み出す。それが今の鳴井さんの活躍に繋がっているのですね。良い言葉を下さって本当にありがとうございます。そして私を「友達」と言って下さったこと、絶対に忘れません。いつかどこかでお仕事ができたらと思っています。これからもご活躍を応援していますね!!!

        • コメントバックありがとうございます!思ったことをただ書いたので期待するような回答じゃなかったと思いますが、私のコメントも見ていただけ嬉しいです。こうすけさんの将来を楽しみしております〜。

  • コメントを残す