人生の先輩には遠慮なく聞く

こんにちは、マレーシアの鳴井舞です。

人生の先輩とお食事。IT企業へ行ってからの自分の悩みや自分の人生について色々相談しました。彼からのアドバイスは「自分が幸せになりたいのであれば、まずは他人を幸せにしなさい」というものでした。

私は先日こんな記事を書いたばかり⬇︎
他人と比較するのをやめて自分の幸せが先

自分が幸せじゃないから、他人の不幸を喜び、他人の不幸を聞き安心する。だからまずは自分が幸せにならなきゃって思ってたの。だから彼からのアドバイスに頭が混乱・・・

舞:自分がまず幸せになれないと他人の不幸を聞いて安心してしまうと思うんです。

先輩:そうだよ、だからまずは舞ちゃんが幸せになればいいじゃん。それで自分が幸せになる方法は?その方法が「まずは他人を幸せにすること」からかな。舞ちゃんが目指してるのはまず自分が幸せになるという結果。僕が提案しているのは舞ちゃんが幸せになるための「方法」ね。

納得。

まずは与えることから。これは凄く納得なんです、自分の中で。

マレーシアに来てから凄く助けてくれる人が沢山いるんです。いつもご飯おごってくれたり、相談にのってくれたり、ヒントをくれたり。その人達の共通点は「若い時に自分も助けてもらったから、次の世代に渡してるの。舞ちゃんも成長したら次の世代に渡してね。」って言うの。私は今何も成功してないしお金持ちでもないのに、今何もお返しできないのに助けてくれる。私にとって今ご飯をおごってもらうことって切実なの。とても助かるの・・・だって日本と違って給料が激減したんだもの。。。駐在員じゃないんだもん。自分でその道選んだけどね。。。

とにかく・・・ありがとうございます。。。

20代は毎日が学びだから、いっぱい聞いてだって。そう言ってもらえるうちにいっぱい相談させてもらいます!!!!

あわせて読みたい



2 件のコメント

  • Narui Mai さんのニワトリが先か卵が先かみたいな混乱したお話にとても共感しました。私も同じことに悩み苦しみ考た事があります。それで、私も人生の先輩からのアドバイスがキッカケで答えが見つかった事があります。

    例えば、ビジネスの場合、自分がお金持ちになりたいと思ってサービスを提供している人と、お客さんに価値あるものを提供しようとしている人がいるとした場合、サービスの売り手である業者の社長にお金持ちになってもらいたいとう目的でサービスを受ける方は殆どいません。より価値があるものを手に入れたいと思ってサービスにお金を払うお客さんが殆どです。全くベクトルが違う。

    Narui Mai さんの先輩の言う、「自分が幸せになりたいのであれば、まずは他人を幸せにするのが方法である」というのもとても納得できるわかりやすい説明ですね。

    それで、お客さまからの依頼を一つ一つ丁寧に、本気で価値の高いサービスを提供することだけを考えていたら、予想外のことが、サービスを提供した直後から次々起きてきました。

    お客さまが、私に成功してもらいたいとう応援だけでなく、実際に一生懸命仕事を取ってきて下さるのです。涙が出るほど感動します。これだけでも、私は十分に幸せに感じるのです。

    でも、お客さまのご支援に応えるためにも、形として一つの成功をしなければならないと強く思うのです。そして、与えられているルールである税金で世の中に還元するというのではなく、想いを形にして自らの手で直接ご支援頂いたお客さまに還元していかなければと考えるようになりました。

    Narui Mai さんの周りには良きアドバイスを持っている沢山の素晴らしい方が集まっているのですねー。羨ましい。ニワトリが先なのか卵が先なのか、アドバイスがあれば答えも見えてくる?

    • コメントありがとうございます!ここにも私の師匠あらわるですわ☆とても貴重なアドバイスです。

  • コメントを残す